img_02

フォルスクラブタブレットはマルチタッチに対応している


フォルスクラブタブレットはマルチタッチが出来ます。
と言うよりも、大抵のタブレットは
フォルスクラブタブレットのようにマルチタッチ式になります。

フォルスクラブタブレットでできるマルチタッチは、
一言で言えば同時押しです。
こうした同時押しは今や当たり前のものですが、
昔の入力装置は同時押しが出来ませんでした。
厳密には、今も出来ない入力装置はあります。
それはゲームのコントローラーです。
上ボタンを押しながら下ボタンは押せない構造になっています。
むしろ何故、同時に押せない構造になっているのかサッパリ分かりません。

なお、ゲームの種類によっては上ボタンと下ボタンを
同時に押すことを要求されることがあります。
そうしたものは、隣の「ABXY」のボタンで代用できることが多いです。
十字キーと合わせて押せるという意味では、
ゲームのコントローラーもマルチタッチが出来ると言えるかもしれませんね。

フォルスクラブタブレットは主にフォルスクラブをやるためのハードです。
もちろん他のことにも使えますが、
基本的にはフォルスクラブを操作することを目的にして作られています。
フォルスクラブタブレットのマルチタッチですが、
幼児向け音感育脳システムで使うと思います。
これはゲームのように画面にタッチして操作して遊ぶ内容になっており、
場合によっては同時にいくつかタッチすることを求められるのです。
よくある音ゲーでも、同時にボタンを押すことがあると思います。

そんな感じでマルチタッチをフォルスクラブでするのです。
フォルスミュージシャンは本物のピアノのように触って音が出るコンテンツです。
スムーズに音を出すには、マルチタッチは必要不可欠なのです。

もし仮にマルチタッチが出来ないと、どこかをタッチしている限り、
他の場所は反応しなくなってしまいます。
これでは人間の指が10本ある意味がありません。
フォルスクラブタブレットは最大で10点まで同時押しが可能で、
それぞれスムーズにタッチしてプレイすることが可能なのです。
でも、実際には多くても3点同時押しくらいしかしないと思いますよ。